FXって何なの?

超低金利、株価は低迷、景気も一向に回復する気配がなくて収入も増えない、こんな時代に稼げる手段ってないんだろうか、と考えあぐねている方、多いですね。 そんな中で、知人やネットの口コミで、FXがいいらしい、ちょっとのお金でも儲かるらしいよ、という噂を聞きつけた方もいらっしゃるかもしれません。 FXは確かにわずかな投資資金でも大きく儲けることができる取引手段です。 しかし、ハイリターンが得られるということは、ハイリスクと表裏一体であることを知っておかないと、大きな痛手を被ることがあります。 FXは大きな利益が得られる反面、大きな損失を出す可能性もある取引であることを頭に入れておきましょう。 そして、FXの仕組みや利益を獲得する方法、リスクをしっかり理解したうえで、自己の責任に基づいて取引を開始することが必要です。 そもそも、FXとは何なのかを簡単に知っておきましょう。 FXは日本語では外国為替証拠金取引と言います。 つまり、外貨を用いた取引ということです。 これまで資産運用は日本円での預貯金くらいしかしたことがないとう人は、特に注意が必要です。 預貯金のような元本保証もありませんし、値動きも全く異なります。 外貨を取引する際には、外貨の価値の変動に加え、外貨の利率の変動など様々なリスクがあります。 円の預貯金の金利は日本の景気や経済政策で決まるので、なんとなく分かると思いますが、外貨の金利はその国の経済状況や経済政策によって決まってきます。 他国のことは情報も入りづらいですし、理解も難しいですね。 また外貨の価値の変動はその国だけでなく、グローバルな政治や経済、戦争などの要因で決まるため、非常に複雑です。 こうした変動の仕組みや要因を理解してからでないと、FXで儲けることは難しいです。 しっかり勉強してから取引を始めるか検討しましょう。